エラーページのまとめ

ウェブサイトめぐりをしていると、たまにエラーページに出くわすことがあります。これは、サーバからブラウザに発信される HTTP ステータスコードのページで、代表的なものは下記のとおり。

  • 401: Unauthorized(認証エラー)
  • 403: Forbidden(アクセス禁止)
  • 404: Not Found(未検出)
  • 500: Internal Server Error(サーバ内部エラー)
  • 503: Service Unavailable(サーバ過負荷)

404 エラーはよく見かけますよね。ウェブサイトに合わせたデザインでページを用意するとスマートです。