レンタルサーバーどれにする?

ウェブサイトを公開するには、サーバー環境が必要ですね。しかし、自社でサーバーを運用するにはとてもハードルが高いです。なので、一般的にはレンタルサーバーを利用することになります。

「レンタルサーバー」といっても4つの種類があります。

  • 共用サーバー(共有サーバー)
  • 専用サーバー
  • VPS(仮想専用サーバー)
  • クラウドサーバー

共用サーバー以外は自由度が高いですが、専門知識を持った管理者が必要になります。中小規模のウェブサイトであれば、運用が楽な「共用サーバー」がおすすめです。