あなたのサイトはどのパターン?

ウェブサイトには、いくつかのパターンがあります。

階層型構造: ツリー型で最もよく見るパターン。 トップページを起点にして広がっていきます。

ファセット分類型構造: ECサイトでよく見るパターン。 いろんなファセット(切り口)で、特定の情報を探すことができます。

ウェブ型構造: 大規模サイトによく見るパターン。 コンテンツ同士が行き止まりなく相互につながっています。

ハブスポーク型構造: 例はフェイスブック。 ハブ(中心)となるページから放射状に広がり、戻ってきます。

直線型構造: 例はECサイトの購入手続き。 手順に沿って直線的にページが遷移します。

さあ、あなたのサイトはどのパターンでしょう? もちろん、複数のパターンが組み合わさっている場合もありますよ。

偽メールに注意!

昨日、下記のメールが届きました。

件名: あなたのApple IDのセキュリティ質問を再設定してください。
送信者: noreply@email.apple.com

メールの内容は下記のとおり。

安全のため、このApple IDはすでにロックされました。
あなたのApple IDはwindows PCのiCloudにログインしたりダウンロードしたりする操作があったとAppleゲームのセキュリティチームは発見しました。

日付と時間:2017/10/10
iCloudバージョン:6.2.2.35
IP:220.31.254.151(岐阜)

... 以下省略

岐阜から不正アクセスがあったとの内容です。何だかあやしいですね。調べてみると、やはりフィッシングサイトへの誘導メールです。どうぞご注意を。

ウーダ?

「PDCA」は昔からよくききますね。 おさらいすると下記のとおりです。

  1. Plan(計画)
  2. Do(実行)
  3. Check(評価)
  4. Act(改善)

このサイクルでどんどん良くしていく、ということですね。そして、もう一つ「OODA」(ウーダ)という言葉も耳にします。こちらは下記のとおり。

  1. Observe(監視)
  2. Orient(情勢判断)
  3. Decide(意思決定)
  4. Act(行動)

こちらは、状況を見極めて柔軟な対応をするということ。 知識や経験が重要ですね。

送料UPの現実

10月からヤマトさんの送料が改定されますよね。それに伴って、通販サイトでも送料が続々と改定されています。「○円以上で送料無料」の金額が上がったりもして、欲しいものがあって値下がっていても送料がいるのか・・・、と躊躇してしまいます。

買いに行く時間と交通費を考えると、送料がかかるのは当然なんですけどね。

その横棒、何ですか?

ハイフン、ダッシュ、マイナス、どれも似ていて紛らわしいですね。それぞれの用途をまとめてみました。

  • ハイフン: 語と語をつなげたりするときに使う
  • ダッシュ: コメントを加えるときなどに使う
  • マイナス: 負数を表すときに使う

きちんと使い分けた方がいいですね。

ファビコンで視覚化を

忘れがちなファビコンについて。 フェイバリット・アイコン、略して「ファビコン」(Favicon)、 ブラウザのアドレスバーやタブに表示されるマークです。

お気に入りページをブックマークに登録した場合にも表示されるので、あとから探すときにもわかりやすいですね。 これもウェブデザインの一つ、小さなサイズでも「コレッ!」ってわかるように、ブランドカラーやロゴをデザインしてつくります。

タグとカテゴリ

どちらも記事を分類するために使います。「カテゴリ」はよく使う言葉なのでわかりやすいですね。「タグ」は普通に考えると、洋服などの商品についている値札を思い浮かべてしまいます。

CMS でいう「タグ」と「カテゴリ」には下記の違いがあります。

  • タグ: 記事のキーワード、階層構造なし
  • カテゴリ: 記事のジャンル、階層構造あり

ちなみに「タグを付ける」ことを「タギング」(tagging)といいます。あまり聴き慣れないですね。

運用 or 運営

ウェブサイトは、運用?それとも運営? 

ウェブサイトの機能を用いるという意味では「運用」、ウェブサイトがネットショップだったとして、それを機能させるという意味では「運営」かな。

壁紙かえてリフレッシュ!

デスクトップ壁紙は定期的に変更していますか? 月替わりで壁紙を提供しているお気に入りサイトがあって、毎月変更してきました。少し前まではその月のカレンダー付きでとても便利だったんですが、今は画像だけになってしまって。イメージもいつも似たような感じで、新鮮さがないなあと思っていたところでした。

そんなところ、気になるインテリアショップのサイトで月替わりの壁紙を発見。オリジナル商品を使ったシンプルなデザイン、それがとても洗練されているんです。

早速、PCとスマホでチェンジ。いい感じです! これでいいアイデアが浮かぶかな。ちょっとしたことで気分が変わるんですよね。

Flash 完全終了へ

2017年7月、アドビが Flash のサポートを 2020年末に終了すると発表しましたね。1996年に「Shockwave Flash」として誕生し、「Adobe Flash」としてその 24年の生涯を終えることになります。

Flash、その登場は劇的だったことを覚えています。 GIF アニメ程度の動きしかないサイトに、サウンドあり、動きありのインタラクティブなインパクトのあるコンテンツ制作を可能にしてくれました。

これまでありがとうと言いたいです。