常時SSLにした方がいい?

SSL とは、インターネット上で通信を暗号化する技術で、 個人情報を入力する画面で使用されていますね。で、常時SSL というのはサイト全体が SSL ということになるのですが、 これはした方がいいのでしょうか。

最近は公共 Wi-Fi が普及していますが、安全性にはちょっと不安です。そこで、サイト閲覧者に安全な閲覧環境を提供できる、常時SSL のニーズが高まっているというわけで、可能ならした方がいいですね。

「デリミタ」という言葉

マニュアルなどを読んでいると出てくる「デリミタ」という言葉、何だかわかります? 一般的には聞きなれないですよね。英語で書くと delimiter 、一言でいうと「区切り文字」のことです。

一般的にデリミタとして使われるのは、カンマ(,)など。これがコロン(:)だったり、スペースだったりする場合もあります。じゃあ、わかりやすく「カンマ」を使うなら「カンマ」と書けばいいじゃないと思ってしまったというお話でした。

AM 9:00 は間違い

時刻の表記について。タイトルのとおり、「AM9:00」は間違いです。正しくは、

9:00 a.m.

ピリオドは省略OKで、

9:00 am

また、大文字でもOK。

9:00 AM

日本語のように時刻の前にもってくるのはNGなのでご注意を。

ノック回数の意味

ビジネスにおける正しいノックの回数は? ちょっと調べてみました。

  • 2回: トイレノック
  • 3回: プライベートノック
  • 4回: 正式な場でのノック

これが、プロトコールマナーとよばれる国際標準マナー。しかしながら、4回は多すぎてなじみがないですよね、日本では3回でよさそうです。

ドメイン名、どうつける?

「co.jp」、日本に法人登記がないと取得できないドメインです。汎用jpドメインとは異なり、1社に一つしか登録できないため、会社名をドメイン名とするケースがほとんどです。

しかしながら例外もあります。その会社の商品がとても有名な場合、あえて商品名をつけている会社もあります。会社名ではピンとこないけど商品名はよく知っている、という場合ですね。また、実際の会社名は長いけど、誰もが呼び親しんでいるニックネームをつけている会社もあります。

認知度が高い名前をつける、一つの案ですね。

画面解像度のはなし

画面に表示させたいサイズでつくる、以前は実にシンプルでした。しかし、近年はちょっとややこしいというお話です。ここで、「物理解像度」と「論理解像度」が登場します。

  • 論理解像度: デバイスピクセル
  • 物理解像度: 実際に表示されるピクセル

例)デバイスピクセル比が2の場合、

  • 論理解像度: 200×200ピクセル
  • 物理解像度: 100×100ピクセル

100ピクセル四方を描画するのに、200ピクセル四方で表現することになるのです。論理解像度に応じた大きな画像を準備した方がきれいに表示される、というわけです。

顧客と消費者

顧客と消費者の違いは何でしょう?

  • 顧客: カスタマー(Customer)
  • 消費者: コンシューマー(Consumer)

全員が「消費者」で、そのなかで自分のお店などで商品を購入した人が「顧客」になります。こうやって書いてみると、当たり前のことなんですけどね。

Google Maps API 2016.6以降

ウェブサイトに埋め込むグーグルマップ。とても便利で、見る方もわかりやすいですね。ただ、昨年ポリシーが変更になり、Google Maps API を使用するには API キーが必須になりました。実はこれ、新規サイトでなければ気付かなかったことです。

以前から使用しているドメインでは、現在のところ API キーなしでも表示されています。なので、いろんなサイトを見ても設定してあったりなかったり。

API キーを設定すると、地図をロードする回数がカウントされます。そして、1日25,000回(マップロード)という回数制限があり、超過するとエラー画面になります。エラー画面は困る!という場合はお金を支払えばOKです。

知らない間に Facebook ページができている?

作っていないのに、会社やお店の Facebook ページが存在していることがあります。普通に考えると不思議ですよね。そして、そんなページには必ずカバー写真の下に「非公式ページ」と表示されています。

誰かが勝手に作ったのかと思いがちですが、そうではありません。Facebook ページが存在していない場所へ誰かがチェックインした場合、自動的に作られてしまうのです。なので管理者はいません。

知らないところで情報だけが流れていく。なんか気持ちのいいものではありません。こういった場合、管理者として申請し、自分の会社やお店の Facebook ページがあれば、それと統合することができるようになっています。

「会社やお店の名前 facebook」で検索してみては?

汎用JPドメインの引越

ドメインの引越(移管)は、とても面倒です。
汎用JPドメインの場合は、下記の2とおりの選択肢があります。

  1. 指定事業者変更
  2. 移転

この2つの違いは下記のとおり。

  1. 登録者番号単位で指定事業者を移す
  2. ドメイン単位で指定事業者を移す

「指定事業者」とは、ドメインの登録・維持・管理等を行う事業者のこと。登録者が複数のドメインを持っていた場合、全部移す場合は(1)で1つだけ移したい場合は(2)。もともと1つだけの場合は(1)になります。